|東京都千代田区|神田駅から徒歩2分|オンライン講座/油絵/アクリル/水彩/デッサン/銅版画|

twitter LINE Instagram

ブログ

ゲーム熱再燃?(孫崎)

再び緊急事態宣言下でのGWとなってしまいましたね。
昨年のことを思い出すと、とにかく何もかもがお休みで
もちろん教室もすべて閉めて、それでもなんとか家でもできることを模索しながら
毎日毎日部屋に閉じこもって情報を集めたり、できる作業をしていたように思います。
通っていたジムも閉まってしまったので、youtubeを見ながらストレッチなどをしてました…。

今年はと言えば、相変わらずどこかへ出かけるということはありませんが
宣言下でも教室は開くことができているし、
ジムは24h営業のところで空いている時間帯を狙って、短時間で済ませつつ通うことができています。
昨年の息詰まるような生活に比べたら、だいぶ風通しの良いスタイルになっているなぁと感じます。
家でもできるけれど中々スイッチが入りにくい筋トレなどは、
場所を変えて運動ができるのは本当にありがたいことです。

そこで最近はまってしまったのが、youtubeを見ながらのウォーキング。
特にゲームプレイの動画というものの存在を知ってしまったがために、
近頃はyoutubeを見るためなのか、運動をするためなのか、
ジムに行く目的が分からなくなってきています…。

学生時代は色々とゲームに明け暮れた時期もありましたが、
流石に30歳を前に「これはいかん」と思い立ち、ゲーム機を処分。
以来、スマホゲームすらほとんどやっていなかったのですが、思わぬところからゲーム熱が再燃です。

youtubeなので、もちろんスマホやPCからでも動画は全然見られますが、そこは自制。
歩きながら走りながら、ちょっとずつゲームの進行を楽しんでいます。
動画を見ていると時間もあっという間に過ぎるので一石二鳥。
昔自分がプレイしたゲームをもう1回振り返って懐かしんでみたり、
やらなかったけど気になってたゲームを鑑賞したりしています。
普段は動画サイトなんて見ないのですが、こうして色々と探すとあるのですね。
そして色々な人がいるんですね。
そんな人たちが世界中にいるということを知ることができる、すごい世の中になったものだなぁ…。

孫崎かんなの画像
孫崎かんな 2021/04/30 22:43

運動不足解消に。(孫崎)

新年になって、早1か月が経ちましたね。

この1年の間、外出と言えば家と教室の往復ばかりで、同じ生活の繰り返しがずっと続いています。

友達と会ったり、季節を感じるイベントごとがなくなったりしたせいでしょうか、2020年は何だか記憶が曖昧なまま終わってしまったような気がします。

メッキリ外出の減った日々が1年続き、気が付けばなんだか体力が落ちたような…。(ちょっと体重も増えたような…)

ということで年明けからは、週4回の徒歩出勤を始めました。家から電車に乗って片道30分程のところにある教室へ、最近は約1時間歩いて通っています。

今までよりちょっと早く家を出ることになりますが、歩いてみると案外あっという間。

玄関を出ると朝はまだまだ寒い中、歩いているうちにだんだん体が温まってきます。そのうち手袋を外し、マフラーを取り、教室に着くころには軽く汗をかくほど。運動不足にはちょうど良い感じです。

通り過ぎる家の庭木を眺めたり、以前は出勤で乗っていた電車に追い抜かれてみたり、歩きはじめるとなかなか楽しくなってきました。これなら1年間の移り変わりも肌で感じることができるかもしれません。

しかし、雨の日や暑い季節になったらどうしよう…という疑問は、とりあえず置いておくことにします。そんな折、部屋を片付けていたら学生時代に使っていた古いiPodが出てきました。

(当時聞いていた音楽がまだ中に)

残念ながらShuffleの方は音が聞こえませんでしたが、もう一つは充電すればまだまだ使えそう。中に入っている音楽を変更することはできないけれど、通勤の相棒にはもってこい。

しばらくは懐かしいアルバムを聴きながら、お散歩通勤を楽しめそうです。

 

 

孫崎かんなの画像
孫崎かんな 2021/02/10 23:57

コロナと展示、そして作品について(孫崎)

本日より「立軌展」が始まりました。

会場の東京都美術館には9月半ばの搬入以来、訪れることがありませんでした。

初日14時開場の30分前に到着してみると、

普段は他の展示スペースで絵画や書道などの団体展が催されているはずが、今年は軒並み中止。

例年なら秋の時期に合わせて海外から呼び寄せた美術館の目玉企画展も

コロナの影響で何も開催されず、事実上の貸し切り状態。

3つ併設されているレストラン・カフェも2箇所は臨時閉店し、

館内はガランとした空間と照明の消された空間がモザイクのように入り交じっていました。

 

あー、自分は今世界中で起きている歴史的な出来事の真っただ中にいて

自分の生活はその影響を受けているという実感が、ここでも湧いてきます。

100年後200年後、「2020年にcovid-19が世界中で大流行」という年表の中で、

名もなき歴史上の人たちの一端を担うことになるのかな、などと想像したり。

 

あと2か月で2020年が終わりますが、コロナコロナと言っているうちに

あっという間に終わってしまう年だったなと、多くの方が感じるのではないでしょうか。

きっとこの年を境に、あるいはきっかけに大小さまざまな事柄において

今までと変わっていくものが後々出てくるでしょうね。

私自身の今回の出品作も、コロナの影響で例年より制作期間がずいぶん削られ

「とにかく考えすぎず、やるしかない」と腹をくくった部分が功を奏したかどうかはわかりませんが

昨年よりちょっと作品に変化が出たように思います。

もしかしたら、コロナ禍が今後の転換につながってくるのかも⁉

 

孫崎

孫崎かんなの画像
孫崎かんな 2020/10/31 23:59
1 2 3 6

投稿者

  • 2021年8月

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

最近の記事

(07/31)
暑さと映画(松尾)
(07/02)
近所の話し(柳田)
(07/02)
室越健美先生(蔵野)
(06/16)
画像について考え中 (佐藤)
(05/31)
うさぎ(松尾)

過去ログ