|東京都千代田区|神田駅から徒歩2分|オンライン講座/油絵/アクリル/水彩/デッサン/銅版画|

twitter LINE Instagram

ブログ

出会うこと巡ることー京都・大原・三千院

IMG_0915.jpg
7月中旬。
旅行帰りの知人から京都・大原・三千院の「元三大師」の厄除けお札をいただいた。
出歩く時も鞄にしのばせていた。
そして今、このお札は部屋に入る前の壁に留め置かれてたお守り札になっている。
わたしは京都・大原には行ったことがありません。
それがこの7月大原から数百年も変わらずのものがわたしの手の届く近くに来たんです。
ご縁?なんとも言えない心持ちが湧いて来ています。
嬉しい理由が整理すると・・・一つは僕の未来は自分以外のひとに病苦厄除けや健康になってほしいなと想いつのっていたところ。
そして二つ目の理由は京都・大原からだったこと。
魚山   三千院からの降魔札(ごうまふだ)。
癒しのお札は大原からの送りもののように感じて本当に嬉しかったからです。
パソコンのユーチューブでの動画で「猫のしっぽカエルの手」という出会いがありました。
何度かみているといつのまにか大原の山並みを佇まいを吹きつける風(やませ)を感じみることが出来るようになりました。
築100年の古民家に住むベニシアさんの日常を追ったものですが、彼女の歴史も現れ辿ることもできました、21歳の時に日本に来日して以後39年日本に住み続け今も手づくりの暮らしをしている、植物に囲まれて植物とともにある暮らしを仲間の力を借りて見事に実践している世界でした。
猫のしっぽはネコジャラシでしょうか?カエルの手は楓(かえで)の葉でしょう。
ベニシアさんのもの言いはこんなふうです。
「大原の田舎道や生垣に沿って年中生えているネコジャラシは見落としてしまいそうなそのふさふさとした姿はつつましやかであるように教えてくれます」。
「カエルの手」は万葉集に載っているという「カエデの木々は大原に吹きつける強風から庭を守ってくれます。その細くしなやかな枝はわたしにしとやかで素直であるよう気づかせてくれます」そして「安らかな心はすべてのものに美しさを見いだします」。
遠くでも風を感じて楽しめました。
版の「元三大師(がんざんだいし)」は鬼の姿になって疫病を退散したもの、今もお札となって人々の健康を願っています。
そして2019年7月、大原に住むベニシアさんに、また、ベニシアさんと角大師に想いをはせることもできました。
僕はデタラメな人間です。それでも東京砂漠に住むわたくしの日常にわたしは何を見ているのだろうか?
何を想って何を描き出せてるのでしょうか。何を見てるんだと問いかけて・・・。
止まって情けなくても問うことで問うことで動き進めてくれている感じがあります、やはりしょうもありませんが。
そんな時でもとてもありがたい出会いと巡りがわたしの背中を押してくれているんです。
佐藤

佐藤比呂二の画像
佐藤比呂二 2019/11/13 22:14

日々精進です。(柳田)

気がつけば、10月も終わろうとしていて…日が経ってしまったのですが、先日の初台Zaroffでの三人展へお越し下さった方々、誠にありがとうございました。
また、国立新美術館での自由美術展へお越し下さった方々へも、重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

様々なかたちの展覧会に参加することが出来、勉強になります。有難いことです。
12月には銀座のあかね画廊での企画グループ展に、また少し先ですが、来年2月にはまたZaroffさんで個展を開催して頂きます。
また教室でもご案内させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

柳田

柳田祐希の画像
柳田祐希 2019/11/06 13:50

廃村に行く(蔵野)

DSC_0556-8bfc5.jpg
長野県の山奥の廃村に3泊4日滞在した。
その廃村は大平宿という場所で、山奥の小さな無人の集落だが、南信州観光公社という会社が管理をしていて、いまでも宿泊することができる。
当初は1人で行くつもりだったが、団体での申し込みが必須条件なので、友人を誘ってみた。
「廃村に行こう」と行っても、なかなか一緒に来てくれる人はいないと思っていたのが、意外なことに声をかけた人全員(計5人)が来てくれた。
今回は築300年程の古民家に泊まった。
大平宿はとても山奥なので、携帯の電波も届かず、電話ができない。
当然インターネットは使えない。
ガスが通っていない。
寝具はないので、寝袋持参。
夜は東京の気温と比べると15度くらい寒い。
暖房はない。(囲炉裏が暖房替わり)
環境保全のため、シャンプー・石鹸・洗剤は使用不可。
市街地までは、車で50分くらいかかる。
蛾やクモやコウロギがうようよいる。
今回のメンバーのほとんどがアウトドア経験がないうえに、2人女性がいる。
「帰りたい」の一言が出ないか不安だった。
加えて、僕はお腹を壊したり、鉈で手を切ってしまったり、また車のタイヤがパンクしたり、トラブルに見舞われた。
それでも、たき火が楽しく、いつもは飲まない焼酎のお湯割りがとても美味しく、星空は今までに見たことのない美しさだった。
手を切ってしまったときは、荷物運びや食器洗いや調理をすべて友人がやってくれた。
夜遅くまでたき火を囲みながらダラダラお酒を飲み、僕にとってはかけがえのない時間だった。
このメンバーで来られて本当に良かった。
結局4日間はアッという間に過ぎて、地上に降りると山のようにメールが届いていて、急に元の生活に引き戻される。
また来年も行きたいと思う。
一緒に行ったみんなも同じ気持ちだったらいいのだけど。
蔵野

蔵野春生の画像
蔵野春生 2019/11/06 13:49