|東京都千代田区|秋葉原駅・岩本町駅|油絵/アクリル/水彩/デッサン/銅版画|

twitter LINE Instagram

ブログ

2022年の個展を終えて


 

2022年は1月と10月に個展を開催させていただきました。毎回個展を開催する度に、自分の作品・画面を、己の仕事を、確認する作業のように感じます。

個展空間というのは、とても刹那的で、ギャラリーの空間を自分の作品で成り立たせることです。
展示空間の壁面に作品を並べることは、絵を描くことと同一だとは、先輩作家さんの言葉です。画面あってのことですが、その画面をどう並べるかで、個展会場の空間は様々に広がりもし、または作品が見えないという事態も起きかねる、中々に厳しい作業です。
作品がより観えるために、作品の並びには心を砕きます(これが絵を描くことと同じということです)

今年のあかね画廊の個展では、スペーシングをほんの少し動かすだけで、画面の観え方が断然に良くなる事を体験しました。これに自分で気付けるようになるにはまだ私は未熟です。

ただ今回充実を感じられたとすれば、会期が終わり作品を搬出した後に、ギャラリーの部屋をとても狭く感じたことです。
作品が展示してある時の方が、ギャラリーの空間がとても広く感じられました。そのことを画廊のオーナーに伝えると、「作品によるのよ…」と仰っていました。少なくとも今回の個展空間がオーナーにも伝わっていたのだろうと、嬉しく思いました。

展覧会期間が終わっても、作品自体は残ります。ですが、作品画面で作り上げたあの空間は、一期一会であり、刹那的です。そこに儚さと切なさを感じるのです。
この儚さを自覚しながら、次の個展へと繋がっていくのかもしれません。

個展のお知らせです。

2023年1月22日(日)〜1月28日(土) (水曜休廊)
ギャラリーZaroff(京王新線、初台駅)

お時間ありましたらお越し下さい。

柳田

柳田祐希の画像
柳田祐希 2022/12/31 11:16

(柳田)

昨年に続き今年も銀座のあかね画廊にて個展を開催し、無事に終えることが出来ました。

会場にお越し下さった方々に御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

一週間、会場に身を置いて自分の作品と向かい合うのは、制作過程で画面と向かい合うのとはまた違った感覚が味わえるというか、個展空間丸ごと自分の作品画面を堪能出来る貴重な時間です。

 

自己満足と言ってしまえばそれまでですし、色々と反省点もありますが、画廊の空間丸ごと自分の作品にしてやったと、悦に入っても良いのではないかと思える体験でした。

 

とある先輩作家さんの個展の搬出をお手伝いに行った時に、作品が無くなった部屋を見て、作品が展示されていた時より部屋を狭く感じたことがありました。

今回自分の会期を終えて搬出した後に、これと同じ感覚を味わうことが出来ました。作品が掛けてあった時よりも、空間をかなり狭く感じたのです。今までもそうだったのかもしれないのですが、今回特に強くそう感じて、作品が空間を広く見せることが出来ていたのかと、ちょっと安心しました。

 

有り難いことに、来年もあかね画廊さんでお世話になれることになりました。

自分を越えたところにある画面世界を、これからも探っていければと思います。

 

柳田

 

柳田祐希の画像
柳田祐希 2022/11/07 12:45

舞踏鑑賞、とお知らせ(柳田)

先日、とある舞踏家の公演を観てきました。
舞踏というジャンルを拝見するのは初めての経験で、どのようなものなのか未知の空間に足を踏み入れるような少しの緊張がありました。
現代舞踏と言うのでしょうか。全くの門外漢でありますので、この舞踏がどのような種類のものか知らないのですが、抽象的な身体による表現が、絵画作品を観るのと変わらぬ臨場感を持って迫ってくるのが新鮮でした。
「シャニダールの花」と題されたその空間は、一人の舞踏家の創り出す感情と感覚に満ちたもので、決して大きくはない彼女の身体から紡ぎ出されるパフォーマンスに圧倒されました。
シャニダールの花とは、イラク南部のシャニダール遺跡でおよそ6万年前に、ホモサピエンスの前人類であるネアンデルタール人が死者のために手向けた花のことだという。
現代に発掘され、蘇った死者への哀悼に彼女は何を感じたのだろう。
この花を作品に冠して、彼女は何を表現したのだろう。
これは私の勝手な受け取り方ですが、作品には、彼女の身体と空間と、光と影と音響を用いて、生への憧れや喜びや儚さ、死への畏怖と哀しみが現れていたように感じました。(己の語彙力の無さよ!言葉に表しきれないものが有るからこその作品世界なのだと思います)
その空間に身を置いて、作品世界に埋没出来たことが幸福でした。
省みて自分の画面のことを思いました。
絵画であろうが、舞踏であろうが、作品から得る臨場感があってこそ、人に伝えられるのだろうと思います。
自分の作品も、そうでありたいと制作に取り組む日々です。
お知らせです。
10月3日〜10月9日まで、銀座のあかね画廊にて個展を開催します。
コロナが依然収まらず、まだまだ油断ならね世情です。ご来廊ご無理なく、お近くにお越しの際は、お立ち寄り頂ければ幸いです。

柳田祐希の画像
柳田祐希 2022/08/31 20:27
1 2 3 15

投稿者

  • 2024年2月

     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    2526272829  

最近の記事

(05/12)
展示のお知らせ(蔵野)
(12/31)
2022年の個展を終えて
(11/07)
(柳田)
(10/17)
展示のお知らせ(蔵野)
(08/31)
舞踏鑑賞、とお知らせ(柳田)

過去ログ